月夜の跳ね遊び

ちょっと旧い、イタリア車とスクーターと自転車に乗りながら、写真をパチパチ撮りながら、思った事を書いていきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ∧top | under∨

Canon VI-T 35mm数々あれど…

レンジファインダーカメラの35mmという画角は、スナップカメラとして考えたときにはもはや標準の画角ともいえる…この意見に異論のない人は結構多いのではないでしょうか。35mmのファインダーは銀塩M型ライカでは初代M3にはないものの、それ以外のM2からは、M2、M4、M5、M4-2、M6、M6TTL、M7、そしてMPまでと、CLを除く全機種に内蔵されていますし、ベッサもしかりです。
Lマウント(スクリューマウント)レンズに至っても35mmは非常に種類が多く、それこそ集めだすとキリがありません。その時々でレンズの「味」を使い分け楽しむという、レンズグルメ道というか、奥様方にとっては単なるダンナの「悪の道(笑)」というか、そういう道にはまりがちなのも35mmではないでしょうか。
例えばライツL玉では8枚玉のズミクロン(F2)を頂点として各時代にズマロン(F2.8、F3.5)、そして旧くはぺちゃんこのエルマー(F3.5)があり、ノーライツではツァイスのビオゴンF2.8や幻のヘラーF3.5、ビオゴンコピーのロシアのジュピター12F3.5、ローデンシュトックヘリゴンF2.8、アンジェニューF2.5、シュタインハイルのオルソスティグマットF4.5、ミノールF3.5など、さらに国産だとフジノン、トプコール、ニッコールF2.5やF1.8、ヘキサノンF2はUCと無印の2種類、コシナからもF2.5が2種類とF1.7の非球面も出ています。そしてキヤノンに至っては何と8種類も!うわー大変だぁ(笑)。

で、すでに不惑を迎えた僕の手元には、現在ズマロンF2.8、コシナのPのF2.5、そしてこのブログでもおなじみのキヤノンF1.5があります(3本あったら不惑じゃなくて惑っていますが)。しかし!はっきり言って前者2つはここ2年間ほっとんど使っていません。もったいないな~。曇る前に売っちゃおうかな(笑)。

コシナは現代レンズなのでコントラストがとても高く、写りが見た目の印象と変わらない感じがします。つまり意外性がない感じ。レンズの味がない分、光と被写体が勝負の全て。実質本位のスナップシューターはこのレンズをもっと評価すべきと思います。方やズマロンはVI-Tと同い年の50歳ですが、線が細く繊細な感じがします。これを味とみるか、ライツライツと皆ありがたがる割には実は色も普通の昔レンズと見るかはライカ信者かどうかで意見が分かれるところでしょう。僕としては結構がんばって買った高いレンズでしたが、ライツといえどもそんなもんか?って感じで正直面白みがありません。では、えこ贔屓にしているキヤノンF1.5の特長はどうなの?というと、やはりその大口径で撮れるシチュエーションの広さと、光の加減にもよりますがやさしい光や曇りの時には何ともいえない「丸い」写りをすることです。朝夕の光や秋から春の光の時、また室内撮影のときに出るこの「丸さ」「やらかさ」が、僕のもうひとつの常用レンズである高コントラストのFDレンズでは絶対に撮れないもの。スクリューマウント35mmではいまだ最大の口径を持ち、構成も8枚玉と所有欲も十分に満たしてくれます。開放の見事な(笑)周辺光落ちも僕の日の丸写真に合っていますし、同じく開放では若干ハロが出るところもオールドレンズの楽しさが味わえます。うちのRFレンズのエースの座は当分降りてくれないようです。

chinesecat.jpg
■『Chinese Cat』 Canon VI-T/Canon 35mm F1.5
都内のレストランなのに普通にネコが店内を俳諧していました(笑)。おこぼれをもらうのに慣れているのか、僕の横でじっと上目使い…。ネコなのでテーブルにピョンと上がって鶏のから揚げを奪って逃げるのもやろうと思えばできるでしょうが、そこはさすがに遠慮しているようです(笑)。耳と背景がクッキリこないところとか、床に重なる影の階調とか、ああホントに柔らかいなぁ…。そのくせこのヒゲを描写する解像力は一体何だ!やっぱり贔屓してしまいます。

line.jpg
スポンサーサイト
別窓 | Canon VI-T | コメント:3 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

Canon VI-T 無事ご帰還!

Canon VI-Tの二重像のズレが治って帰ってきました!レンズのピントリングまわすのが楽しいな(笑)。意味もなく空シャッターならぬ「空ピント」やってみたり、ついつい緻密なピントあわせが必要な被写体を撮ってみたり。今週はずっと東京出張だったのですが、嬉しくて連れていってしまいました。

web3.jpg
■『Like a Web』 Canon VI-T/Canon 35mmF1.5

ラッキーにも鉄塔の真下に入れましたので上向いてパチリ。まるで蜘蛛の巣ですね。F11ぐらいまで絞ればピントは自ずから合焦するので必要ないのですが、そうと知りながらもヘリコイドを回して二重像を「ピタリ」合わせてしまいました。
別窓 | Canon VI-T | コメント:4 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

Canon 旧F-1 ポカポカの日

今日(もう昨日か)の京都は初夏かと思うような陽気でした。ポカポカとおひさまがみんなを暖めてくれる、でついついみんな眠くなる…。京都観光の人もついつい居眠り。ハードスケジュールで日本にやってきたのかな?

pokapoka.jpg
■見ようによっては祈りを捧げているようにも見えるが、明らかに居眠り中。
Canon 旧F-1(前期)/NewFD 80-200mmF4L

line.jpg
別窓 | Canon 旧F-1 | コメント:2 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

Canon VI-T あいつもCanonレンジファインダー派か!

土曜の楽しみといえば僕はケロロ軍曹なのです。まぁ今日の放送は「桜」がテーマのちょっといい話でカメラとは関係なかったのですが、少し前に「オレオレ詐欺」の話(253話『黒電話捜査官66であります』)があり、オチでギロロがケロロにオレオレ詐欺と間違えられて電話切られちゃうシーンがあったのです。その一瞬のシーンで、ギロロが高崎駅で鉄道写真を撮るのに使っているカメラが出てきたのですが、確かにCanonのレンジファインダー機、しかも正面から「Canon」の文字が見える機種だったのです!いかんせん一瞬のことでビデオなども録っていないものですから「何だろう、VI-Tだったらどうしよう…(どうもしないっつーの(笑))」などと悶々としておりましたところ、友人がケロロのビデオを押さえているとのことで先日DVDに焼いてもらい確認しました。おー!やはりCanonRFだ!

giroro.jpg
■ギロロ君、分かってるやないか、君!(笑)

ギリギリで見えるボトムの厚さからは、残念ながらトリガーワインダーではない事が分かります。となるとVI-LかP(ポピュレール)となりますが、注目すべきはそのファインダー、「段なし」「大型」との事で、われらがVI系ではなく、かのベストバイ機、「Canon P」という事が判明いたしました。しかもコイツ、レンズにブルーコーティングの銀胴鏡50mmF1.8をチョイス(多分ね)するあたり、通としかいいようがないです。あー数週間のモヤモヤがすっきりしました(笑)。鉄道でもCanonRF、いい感じですね!

line.jpg
別窓 | Canon VI-T | コメント:3 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

Canon 旧F-1(前期)で「人生」を撮る?

「どんな人物スナップが撮りたい?」と聞かれたら、あなたはどう答えますか?おもしろおかしな姿?それとも決定的瞬間?それともその時代時代の暮らしの記録でしょうか。
僕は、僕の写真を見た人が、その写真から被写体の暮らしや想いがなんとなく想像できるようなスナップ写真が撮れたらいいなといつも思っています。おおげさに言うと人生が透けるような…いや~おおげさだなぁ(笑)。
「人生」を透かすなら、やはり被写体はご高齢の方がいいですね。何せ背負ってる人生の厚みというか重みが違います。ふとした仕草にその人のatmosphereが感じられるような1枚が残せたらな…。

toro.jpg
■『アメ横の老夫婦』 Canon 旧F-1(前期)/NewFD 20-35mmF3.5L
ご高齢なのにそんな脂の乗ったトロでいいんすか?(笑) 横のおとうさんがお鮨好きなのかな?おかあさん作ってあげるのかな?とかいろいろと想像…。

犬撫で
■『エヘヘ…気持ちいい』 Canon 旧F-1(前期)/NewFD 35-105mmF3.5
用事中のご主人をお店の前で待つレトリバー君に、近所のおじさんが話しかけながら頭を撫ぜていました。犬好きなおじさんの笑顔と、レトリバー君が目を細める姿に思わずパシャ。

老人と鳩
■『かごめかごめ?』 Canon 旧F-1(前期)/NewFD 20-25mmF3.5L
この鳩、ずっと見てましたがおかあさんの足元から全然逃げませんでした。みんな何か食べてるからオコボレ狙いなのかな?

「人生」…透けないよね~まだまだ(笑)。

line.jpg
別窓 | Canon 旧F-1 | コメント:2 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
| 月夜の跳ね遊び | NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。