FC2ブログ

月夜の跳ね遊び

ちょっと旧い、イタリア車とスクーターと自転車に乗りながら、写真をパチパチ撮りながら、思った事を書いていきます。

Canon VI-T 観光地での写真と商売

三千院の山門前には、二人の職業カメラマンがおられました。

三千院出口5
■『大体が無理なのよね』 Canon VI-T/Canon 35mm F1.5

カメラの裏蓋に注目!意外にもフィルムカメラですね。
団体のツアー会社とのタッグで儲けてるのでしょうか?一見さんの観光客に声をかけるわけでもない。

それもそのはずで、一見さんの観光客は皆おしなべて自分で撮っておられますね。
三千院出口4
■『シャッターの嵐』 Canon VI-T/Canon 35mm F1.5

ほぼ全ての人がケータイのカメラやコンデジを、お父さんやお兄さんはデジイチを持っている。
それではわざわざ写真屋さんに頼む人はいないですね。

それでも需要があるのかな?と不思議に思ってしまいました。

まだ山門すらくぐっていませんね。どこまで引っ張るのか(笑)。

三千院出口3
■『もみじ祭』 Canon VI-T/Canon 35mm F1.5

やっと三千院の中に入りました。さぁ紅葉具合はどうかな?

スポンサーサイト



別窓 | Canon VI-T | コメント:2 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
| 月夜の跳ね遊び |