FC2ブログ

月夜の跳ね遊び

ちょっと旧い、イタリア車とスクーターと自転車に乗りながら、写真をパチパチ撮りながら、思った事を書いていきます。

Leica M3 ドッペルゲンガーの居眠り

いつもの様に居眠り写真を撮るチャンスがあり、いただきました。

できた写真を見て…「に、似ている…」とちょっとびっくり。

いねむりm
■『居眠りするドッペルゲンガー』 Leica M3/Nikkor H.C 5cm F2(黒鉢巻)

眉毛の感じ、目元、猫背、まるで僕です。。家人に見せましたが「これ自分やん」と一言。

いよいよ僕も太宰治の領域か(笑)。
私を知る方の「似てる」「似てない」「こんな男前でしたっけ?」などのコメントをお待ちしています。

ご本人さん、偶然にもブログ見ておられたらお会いしませんか?(笑)

 



別窓 | Leica M3 | コメント:2 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

Leica M3 Negotiation

玄人さんが出すフリーマーケットと呼んで差し支えない弘法さん。
であれば当然「値段交渉」はいたるところで行われています。

negotiation.jpg
■『Price Negotiation』 Leica M3/Nikkor H.C 5cm F2

「コノ'wabisabi'ノショッキ、タカイデスネー」
「ほんなら5000円でどうや?それでこのワビサビやで。安いもんやろ?」
「Uh…n」
「それわしが土から焼いてんねんで!Only Oneちゅうやつやで!」

とまぁそんな感じの会話でしょうか(笑)。


 


別窓 | Leica M3 | コメント:2 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

Canon VI-T ツマンナイヨー

骨董市ですから、こどもは基本的にツマンナイようで…。

ツマンナイヨー
■『ツマンナイヨー』 Canon VI-T/Nikkor H.C 5cm F2(黒鉢巻)

お父さんはまだまだ茶碗に興味があるようで…(笑)。

弘法ならぬ攻防ですね。

 





別窓 | Canon VI-T | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

Canon VI-T 鳥と少年

東寺の周りにはお堀があり、鯉やらカメやらがいます。
僕らの時代は東寺の洛南高校を「カメ高」と呼んでいたくらいです。今はどうなのだろう…。

そんなお堀でのワンシーン。

青鷺と少年
■『青鷺と少年』 Canon VI-T/Nikkor H.C 5cm F2(黒鉢巻)

おかきとかアラレとかあげるもんだから留まっております。
この青鷺さん、毎月21日だけ来てたら凄いな(笑)。


別窓 | Canon VI-T | コメント:4 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

Leica M3 撮ったら確認

弘法さんの様な旧いモノを扱う市でも、カメラだけは皆さん最新です。
ほぼデジ。それも一眼。
そんな中、僕はCanon VI-TとサブにLeica M3。何だか恥ずかしくなるほど旧いです…。

液晶確認
■『撮ったら その都度確認!』 Leica M3/Nikkor H.C 5cm F2(黒鉢巻)

方やその場で確認、方や3週間後に現像、極端ですねぇ。

 


別窓 | Leica M3 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
BACK | 月夜の跳ね遊び | NEXT