FC2ブログ

月夜の跳ね遊び

ちょっと旧い、イタリア車とスクーターと自転車に乗りながら、写真をパチパチ撮りながら、思った事を書いていきます。

Canon VI-T 石舞台

さて今回の僕の明日香行最後を飾る遺跡は、やはり石舞台古墳。
なんせ最も整備されており最も観光客の受け入れ態勢が整っており最も蘇我氏な感じがしますから!

飛鳥12
■『フルストーン旅行』 Leica M3/Nikkor H.C 5cm F2(黒鉢巻)

記念写真も他の遺跡と比べて「きちんと撮れる」のはやはりこの石舞台ですね。観光のご夫婦もご満悦の様子。旦那さんの手が腰ですよ!


そして中はこんな風になっております。

飛鳥24
■『死の世界』 Canon VI-T/Snapshot Scooper 25mm F4

お墓の中に入れる遺跡って、ひょっとしたらなかなかないのかもしれませんね。そういう意味でも貴重な遺跡なのかもしれません。

昔はこの上に修学旅行生が上ったりしていましたが、今はそんなことできないのかな…。


スポンサーサイト



別窓 | Canon VI-T | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
| 月夜の跳ね遊び |