FC2ブログ

月夜の跳ね遊び

ちょっと旧い、イタリア車とスクーターと自転車に乗りながら、写真をパチパチ撮りながら、思った事を書いていきます。

A112 ABARTH 遥かなるフィアットフェスタ2010

昨日の6月6日は、フィアットフェスタ2010でした。
毎年はGWの初日に、長野県は伊那で開催されるのですが、今年はロケも時期も大幅に変更となり、群馬県は水上(みなかみ)、時期も6月初旬となりました。
富士高原で開催されていた頃からずっと行っていましたので、例え群馬になってもとりあえず行こう!と参加してきました。

しかし、、イタリア車のイベントですから当然A112での参加が望ましいのですが、2つの理由から黄緑色の国産軽自動車での参加としました。1つは翌日6月7日に京都で車検を控えており、既に整備を済ませていますので検査前に酷使はしたくない、そしてもう一つは移動距離が倍以上となる上に、いつもの連休の様に後泊でゆっくり帰ることができないため、疲労軽減のための選択です。

京都と大阪の間の大山崎ICを夜8時に出発し、京滋バイパス~名神高速~中央道~長野道~上信越道~関越道と乗り継いでの水上入り。途中約3時間で伊那(駒ヶ根)を通過したときには「いつもならここなのに、まだ半分かよ~」と泣きそうになりました。

約5時間で水上IC手前の下牧PAに到着、ここで仮眠を取ります。

朝日が昇り、何だか周りが騒がしいので外を見ますと、何と色鮮やかなNewチンク軍団が集まっていました。

01_20100606221641.jpg
■『ハッとしてGood!(いちいち古いな)』

目が覚めるような(って実際目が覚めたのですが)彩り。メンバーもUUDのようなおっさnいや成人男性ばかりではなく若者やカップルも多おございますね。

僕も朝食を食べ、顔を洗って水上ICへ。IC出たところで関東組に電話を入れます。まだまだ手前におられるようで、先に会場へ向かうことにしました。電話していると、イタ車がやってきました。

02_20100606221641.jpg
■『そっちのイタ車かよ』

世間に認知されるようになったからといって、やたらとやっていいものなのか?しかも大の大人が高級イタリア車にそんな…自由ですけど。

会場までの道程には一切「フィアットフェスタ会場→」とかいう案内もなく、少し迷いながら(いろんなところでイタ車が右往左往していました。みんな前のイタ車に着いて行くからね…)会場に到着。

会場の雰囲気ですが、ん~、なんちゅうか「ラテミ?」という感じですね。場所も同じスキー場ですし、ますます往年のFFにあった「ピクニック感」がなくなった様に感じます。
国産軽なので駐車場の端に遠慮がちに停め、駐車場を見渡すと、Newチンク、平成ムルチプラ、プント以降の各車がやはり多く、「現代フィアットフェスタ」の様相が濃いものの、たまに70年~80年代フィアットや旧Nuovaチンクもありほっとします。

03_20100606221641.jpg

04_20100606221641.jpg

05_20100606221641.jpg

07_20100606222623.jpg
■『何だかやる気ありますね』

駐車場以外では、

10_20100606222647.jpg
■『UUDのO姐さんのビアンキに強化リンケージを取り付ける矢島氏』
 詳しくはご本人のブログをどうぞ。

09_20100606222559.jpg
■『本日(6月6日)お誕生日!のトゥルッコ橋本氏』

11_20100606222647.jpg
■『S4、格好良し!』

それほど多くないフリマを見てまわり、色んな知り合いにご挨拶し、しばらくして関東組が到着しました。UUDも会長がクラブテントを借りてくれていましたので、そこに居場所を確保させていただきました。

しかし!UUDは特段フリマをするわけでもなく、積極的に会員を募りアウトビアンキの明日について理解と共生の輪を拡大するでもなく、基本ゆるい感じでまさに「居場所のみ」という感じです。いいなぁそういうスタンス。

ビアンキ関係で熱かったのは群馬112オーナーの方々。以前白馬での112の日にもご参加いただいていましたが、積極的に交流の輪を広げる活動(連絡先をワイパーに挟むなど)されており、素晴らしいなぁと感じました。

06_20100606221640.jpg
■『ご当地ビアンキ!群馬勢です』

さてフィアットフェスタといえば富士高原でのタイムトライアルや、伊那でのサーキット走行という走り系の見物も楽しいものですが、ここではどんな感じでしょうか?

12_20100606222712.jpg
■『コース…はこちら?』

今回はパイロンを使ったジムカーナ…殺風景かもしれんが、それがジムカーナのコースってもんです。盛り上がったかどうかは、申し訳ないですがほとんど見ていなかったので…分かりません。

フリマにてフロントブレーキパッドと0メーター(新品)を格安でゲットし、Canon VI-TとLeica M3で居眠り写真を撮り、釜焼きのピザを食べ、だべって、色んな人から「今年の112の日はどこでやるの?」と開催場所リクエストをたくさんいただき(ありがたい事です…)早々と1時40分に会場を後にしました。早く帰りましたが、楽しかったです。ありがとうございました。

帰りは新潟経由で、関越道~北陸道~名神で帰宅しました。

14.jpg

■『滋賀にて夕暮れ』

もの凄い走行距離でした。来年も群馬なのかなぁ?きっと行くんだろうな…。次はビアンキで行きたいな…。


スポンサーサイト



別窓 | A112 ABARTH | コメント:4 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
| 月夜の跳ね遊び |