FC2ブログ

月夜の跳ね遊び

ちょっと旧い、イタリア車とスクーターと自転車に乗りながら、写真をパチパチ撮りながら、思った事を書いていきます。

ラビットS301 ナンバー変更と自賠責譲渡(名義変更)

今日(昨日か…)、ラビットS301のナンバー切り替えと自賠責保険の譲渡(名義変更)をやりました。前オーナーさんのナンバーのまま長い間乗っていましたが、ようやく前オーナーさんから税金の話などがきた(永らく連絡を待っていました…)のでアクション。

前オーナーと僕との仲介をしてくれた友人宅の近くに前オーナーの登録区役所があるため、友人にお願いして事前に廃車(ナンバー返却)にしてもらい、その廃車書類をもって朝イチに僕の家の近くの役所へ。

なんと役所にあるまじき、ロンゲ&カッコイイ顎髭のイケメンが対応してくれました。やるなぁうちの自治体も(笑)。しかも丁寧かつ手際もよく、即座にナンバーを交付していただきました。

次に自賠責保険の名義変更です。こちらは噂には「かなり厄介」と聞いていましたので、気合を入れてチャレンジ。来年の11月まで自賠責が1年半も残っていますから、譲渡手続きをしない手はありません。
原付の自賠責保険の譲渡(名義変更)については、ネットでも色んな人が質問を投げ、色んな回答が存在していますが、大抵は「~なはずです」とか「保険会社に確認してください」などと的を得ないので、次に他の人が同じことをされる時の参考に書いておこうと思います。ちなみにラビットS301は124ccです。125cc以上は情報がこのまま適応されませんのでご注意を。

役所でナンバーを発行してもらった直後、東京海上日動(今回は大阪は北浜の営業所)に電話しました。保険会社の代理店ではできない処理とのことですが、直の営業所であれば名義変更(譲渡)は可能とのこと。その際に必要な書類は以下でした。

1)軽自動車税廃車申告受付書(前オーナーの名前と車台番号が明記されている)
2)原動機付自転車申告済証(新しいナンバーもらう時に発行される書類。僕の名前と車台番号が明記されている)
3)名義変更前の保険証書
4)譲渡申請書(保険会社に用紙があります)
5)前オーナーの住所の控えと前オーナーの印鑑(認印。僕は保険会社の向かいにある印鑑屋で60円で買いました)。
6)僕の印鑑と身分証明書(身分証明書は持ってこいと言われたが結局見せずに済みました)

です。
4)を保険屋さんのカウンターで記載(前オーナーの住所記入、捺印、僕の住所記入、捺印)し、1)と2)のコピーをとられ、3)を回収され、代わりに新しい証券と、来年11月までのステッカーをいただきました。

ナンバー
■『ナンバーとステッカーと証券をゲット』

諸経費は60円(前オーナーの名前の印鑑料)だけです(笑)。前オーナーが変わった苗字じゃなくて良かった~。ナンバー取得も自賠責の名義変更も費用は1円もかかりません。
あとは北浜までの移動賃と時間かな。僕は営業の外出ついでに行きましたが、わざわざ平日に遠くの保険会社のオフィスに行くとなると確かに億劫ですね。バイク屋さんもやりたがらないでしょうし、それが「厄介」と言われるゆえんなのかもね。


スポンサーサイト



別窓 | ラビットS301 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
| 月夜の跳ね遊び |