FC2ブログ

月夜の跳ね遊び

ちょっと旧い、イタリア車とスクーターと自転車に乗りながら、写真をパチパチ撮りながら、思った事を書いていきます。

低ピクセル機 P71

コンパクトのデジカメが1台欲しいと思っていました。

フィルムカメラが断然Canon党なので、G9~G12あたりがいいなぁと。
Gシリーズが欲しい最大の理由の一つに、光学ファインダーがついていることが挙げられます。
今だに背面の液晶モニタを見ながら撮るという行為がしっくりこない。やはりカメラたるものファインダーを覗いてフレーミング!だと思うのです。Canonはその辺りが良く分かっているなぁと思います。

そんな折、会社で備品を廃棄することがあり、綺麗なSONYのDSC-P71が捨てられていました。
今ではもう随分旧い機種となります。画素数は3.2メガピクセルです。
ほとんど使われた形跡もなく、今ごろの画素数ではないというだけの理由で廃棄だそうです。
電池を入れるとすぐに動作。光学ファインダーはGシリーズの様にズームに対応します。

「もらっていい?」「いいけど、そんな旧いの使えるの?」「分かんないけどもって帰って試してみる」ともらって帰ってきました。

DSCP71.jpg
■『低画素デジカメ』

メモリースティックは128MBまで。幸い64メガが2枚ありましたので早速撮影してみます。

犬1
■『愛犬テスト撮り』

背面の液晶を切り、シャッター押してもいちいち確認せずに撮影。
ちなみに64MBだと32枚しか撮れません。

デジカメなのに1枚1枚を大事にする感じや、ファインダーを覗いてフレーミングをする感じが、とてもフィルムカメラっぽい。ファインダーがついているので、その目を信じて、撮った写真を1回1回確認しないスタイルもフィルムっぽいです。

ぶらっとスナップするには良さそうです。
謀らずも良い拾いものができました。


スポンサーサイト



別窓 | 他デジカメ | コメント:2 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
| 月夜の跳ね遊び |