FC2ブログ

月夜の跳ね遊び

ちょっと旧い、イタリア車とスクーターと自転車に乗りながら、写真をパチパチ撮りながら、思った事を書いていきます。

バブルの仇花 「Prod 20's」

久々にカメラが増えました。

先日仕事途中でリサイクルショップをちょっと覗いてみると、ジャンクボックスにこのカメラがいました。

prod.jpg
■『バブルの仇花』

ミノルタの「Prod 20's」です。
安物のプラスチックオートカメラに素晴らしいデザインのガワをあつらえた、バブルの頃の限定プレミアム商品。当時の定価は48000円。バブル後期は7万円ぐらいの値段がついていました。でも中のカメラ自体は5000円程度のプラスチック機です。

ジャンクで500円。
電池入れたら動きましたので連れて帰ってきました。レンズも綺麗だったし。

フィルムを装填したらオートで1コマめまで。
AFも巻上げも、フラッシュすらオートです。レンズはミノルタ無印(ロッコールだとよかったんだけど…)で35mm。

ヘキサー35mmと同じ仕事がこいつにできるとは到底思えませんが、同じく35mmレンズでオートカメラ。スナップに使ってみようかなと思います。

写るんか?

でも質感だけはホントいっちょまえですね。ハイデザインです。中身とのギャップが凄いわ(笑)。

スポンサーサイト



別窓 | Minolta Prod | コメント:2 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
| 月夜の跳ね遊び |