月夜の跳ね遊び

ちょっと旧い、イタリア車とスクーターと自転車に乗りながら、写真をパチパチ撮りながら、思った事を書いていきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ∧top | under∨

つげ義春紀行 大原 「海辺の情景」 「庶民御宿(おんやど)」

僕はつげ義春という漫画家の作品が小学校の時から大好きで、48歳になった今でも愛読しています。

tsuge001.jpg
■スタートは小学校4年生。朝日ソノラマ文庫の「紅い花」「ねじ式」の2冊でした。


2014年春から2015年秋にかけて東京に転勤、単身赴任となりましたが、2015年10月にまた京都に戻ることになり、異動前につげ義春の作品の舞台となった千葉に足を運んでみました。

計画した行先は3箇所。2日間かけての小旅行です。

tsuge000.jpg
■スマホ一丁でも事足りますが、せっかくなのでEOS-1 Dsとズーム3本の布陣で行きます!

まずは外房の「大原」へ。『海辺の情景』の舞台です。つげ作品の中で僕が最も好きなマンガです。
tsuge002.jpg

内容は割愛するとして、主人公とヒロインが散歩というか「淡い」デートをするシーンに登場する景色を見にやってきました。

一つは主人公が身の上話をする際に描かれている岩。わざわざ岩を見に(笑)。ファンなんてそんなもんですよね。

しかし僕が訪れた日は海は大荒れで波も高く、この岩の前の防波堤の上まで波が「ドッパーン!」と被さる始末。しかも足下のコンクリートは藻がびっしり生えてヌルヌル。足を取られたら大怪我してしまうような日でした。この日は大丈夫でしたが、日によっては立ち入り禁止になることもあるそうです。

岩の前に何とか到着。標準ズームで構図を決め、波が押し寄せたらそれを慌てて避け、飛沫(しぶき)を被りながら、絵に描かれたのと同じ様な波が撮りたいと何回もシャッターを切りました。防滴カメラで助かりました。

tsuge003.jpg
■漫画と同じやぁ…(つд`)カンドー

「漫画と同なじやぁ…」と感激しながらバシャバシャと岩を撮った後は、さらに奥地に進みます。奥には、ヒロインが「ここ、すごいところね」と見上げる八幡岬の岸壁があります。

防波堤がその岸壁の手前で分断されているので、押し寄せる大波の間と間のタイミングを縫って、岸壁の下まで何とか移動しました。機材を持っての滑る岩場歩き…恐かった…。

岸壁直下。そそり立つ岩の迫力は凄く、つげファンでなくともこれは被写体にしたいのではないかな?と思いながらシャッターを切りました。

O-hara02_2.jpg
■この目で見れて感無量です。

帰り道も防波堤は押し寄せる波浪で危険な上、もうズボンの裾はびしょびしょでしたが、何とか慎重に歩を進め、港に戻ることができました。

tsuge005.jpg
■裾、びしょびしょです(つд`)


さて『海辺の情景』といえば「ミツマメ」ですね。

主人公が、海女をやっているおばさんが天草を煮て作った寒天のミツマメを、ヒロインにごちそうするという印象的なシーンがあります。
この地に来たら絶対にミツマメを食べなければ!と、まぁコンビニの、しかもミツマメではなく「あんみつ」しか手に入らなかったのですが、独りヒロインのセリフを思い出しながらいただきました。

tsuge006.jpg
■「わっ ミツマメ!」とヒロイン


次に港を離れ、もう一つのつげ作品である『庶民御宿(おんやど)』のいちシーンに出てくる四つ角を探します。

迷うことなく、漁港からすぐにその四つ角はありました。
tsuge025.jpg

漫画が描かれてすでに40年以上。四つ角の風景はすっかり変わっていましたが、そのコマの手前のトタン屋根の家は建在でした。

tsuge007.jpg
■実在する四つ角

向かいのたばこ屋さんは普通の家に変わっていましたが、僕が写真を撮っていると、その元たばこ屋さんからおばあさんが空き瓶を捨てに出てこられました。

おばあさんがこちらに会釈されてこられたので、僕から声をおかけし、少しお話をさせていただきました。やはり漫画のとおり、元はたばこやさんだったそうです。

「そうそう、タバコと海産物と、あと釣具だったのよ。辞めて建て直しちゃったの。あぁ、この絵、うちの店そのまんまよ」と。

あと、お店をやっていた頃は、漫画の奥さんの様なエプロンを毎日していたとのこと。絵を見ながら「奇遇だわねぇ」と笑って仰ってました。若い頃のおばあさんをつげ先生がモデルにしたかもしれませんね。

tsuge008.jpg
■きっとおばあさんがあの絵のモデルですよ(笑)

実在する四つ角。
そこに住む人とのふれあいもあり、いい思い出になりました。

次はつげ義春の代表作「ねじ式」の舞台、太海に移動します。

電車が1時間後やん!(つд`)ローカルヤン

別窓 | EOS-1・1N・1V | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
| 月夜の跳ね遊び | つげ義春紀行 太海 「ねじ式」>>

この記事のコメント

∧top | under∨

コメントの投稿

 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| 月夜の跳ね遊び |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。