FC2ブログ

月夜の跳ね遊び

ちょっと旧い、イタリア車とスクーターと自転車に乗りながら、写真をパチパチ撮りながら、思った事を書いていきます。

Canon VI-T オールドRFでホタルが写るか?

先日家族で夕涼みがてら近所の川にホタルを見に行きました。

わが町は水が綺麗でおいしいと評判の地。大阪府で唯一名水百選にも選ばれています。そんなイメージを維持する目的があるやなしや、町の事業でエサとなるカワニナを養殖し、ホタルの幼虫を育て川に放流しています。ですからこの季節はホタルが「うわー」というぐらいたくさん見れます。で、手にはCanon VI-T。でもこんなカメラじゃホタルは無理でしょう…とは思いながらもダメもとでチャレンジしてみました。

デジタルビデオ+三脚で撮っている2人づれの青年がいて、僕のカメラを見て「フィルムで撮ってるんすか!?」「ライカっすか!?」と驚いていました。僕も「撮れてるかどうか分かんないです」そして「ライカちゃう」と答えました(笑)。しかし!

ホタル
■『ほたる川』 Canon VI-T/Canon 50mm F1.4

あてずっぽうバルブで大よそ30秒?てな具合にシャッター開けたら、写っていました!達人ホタル写真に比べて全然ダメ感満載(手持ちで背景もブレてるし)ですが、自分のフィルムに残すことができたので嬉しいな。
車のライトも拾って(車がライト灯けて通ったときには正直舌打ちしましたが(笑))幻想的なアクセントにもなりました。

地元が便利に発展するのはWelcomeですが、このホタルだけは残したいなと思います。

別窓 | Canon VI-T | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<ラビットS301 久々の茶話会出席 | 月夜の跳ね遊び | Canon A-1 九州国鉄時代の記憶>>

この記事のコメント

∧top | under∨

コメントの投稿

 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| 月夜の跳ね遊び |